6月25日に福島医療専門学校の学術論文大会にて挨拶をさせていただきました。

教育は、東洋医学の発展にとってもっとも大切なことの1つです。

学生たちが業に対して様々な目線から研究していることを知り、長年この業界に携わっている私ではありますが、改めて気づかされることがたくさんありました。
これからの東洋医学を支える若い力の為にも、益々このままにしていてはいけない!何とかしたい!という熱い気持ちが湧いてきた週末でした。